性病治療のススメ

性病はなかなか気づきにくいものがあったり男女差で症状が違っていたりしますのですぐに判断できないときもあります。少しでもおかしいな?と思ったらまずは疑ってかかるようにして早めの治療を心がけるようにしてください。

性病は早めに治さないと後悔する

性病は自覚症状が乏しい物も少なくないので、つい甘く考えてしまいがちですが早めに治さないと後悔をすることになります。性病は自然治癒をすることはありませんから、悪くなることはあっても良くなることはありませんから、放置をしておけば悪化する一方です。一時的に症状が収まったように見えても、気付かないところで病状は進行して気づいた時には、かなり悪化をしてしまうということは珍しくありません。どのような症状になるのかということは、感染した病気の種類にもよりますがよくある淋病やクラミジアといったものは、放置をすることによって男女ともに不妊の原因となってしまうことがあります。肝炎などは肝硬変や肝臓がんの原因となりうるだけに、ほうっておくことで命の危険性も出てきます。エイズなどは不治の病として恐れられていますが、現在では発症を抑える薬が出てきているのでそのような薬を服用していれば普通に生活をすることは不可能ではありません。しかし、放置して発症してしまったが最後体の抵抗力が衰えることで、簡単に病気になりやすくなってしまいそのまま死に至ってしまうということもあります。このように性病というのは放置をしていると、重篤な状態になってしまうおそれがあるものであるため早めに手を打って置かなければ後悔をしてしまうことになります。逆に早めに治療をしておけば現代では優れた治療法が数多くありますから、症状が悪化する前にすぐに完治をさせることができるので後悔をすることはありません。性病は本人だけでなく、他の人にも感染を拡大させてしまう恐れもあるので感染をしたと思った時には放置をすることなく、できるだけ早い段階で治療を開始するようにしましょう。

性病から他の病気になることも?

性病ほど身近で人間を苦しめる病気はありません。お互いに何も知らなくてもウイルスに感染していればパートナー同士で性病にかかってしまうことになりますし、性病は一度感染してしまうと再発のリスクがものすごく高い病気でもありますので治療がかなり面倒になります。完全にウイルスを除去するための時間もかかりますので、気づいた段階で早く治療することが重要になります。何よりも性病は放っておくと患者の命に関わる病気になってしまうという認識を持たなくてはなりません。そもそも、クラミジアなどの感染力が高い病気は他の病気を誘発しやすい性質を持っています。実際に、クラミジアはHIVを誘発しやすい特徴がありますので放っておくと治療そのものができない病気に発展してしまう可能性もあります。また、こうした性病は特に女性に対して大きな後遺症を残すということを知っておく必要があります。女性は妊娠をすることができますが、クラミジアなどの性病に関していた場合には子供に対してもそうした病気が移ってしまうリスクが高くなります。それだけではなく、生まれてくる胎児の発達障害にも関わってくる可能性がわかっていますので、体内にウイルスが残っているとそれだけでも子供に悪影響を与えます。性病に関しては放っておくことでメリットになることは一切ないので、身体に違和感が生じた段階ですぐに病院に行かなくてはなりません。近年の医療技術を利用すれば、治療することが全くできない病気はエイズだけです。それ以外の病気に関しては抗生物質を使えばとりあえず身体に存在する悪性のウイルスに関しては除去することは可能なので、再発のリスクはあるとはいっても本人や胎児の命を救うことにつながります。早期発見と早期治療で他の病気を誘発する可能性は低くなるのです。

性病のピンポン感染とは

性病はその病気によっては感染していても自覚症状がないものがあります。自覚症状がある場合にはすぐに病院に行って治療を行えば治るのですが、自覚症状がないままで性交渉を行っていると、パートナーに性病が感染してしまう可能性があります。また、痛みやかゆみなどの自覚症状があってもパートナーに言わずに自分だけ治療を行って完治しても、完治するまでの間の性交渉でパートナーに性病が感染している場合があります。パートナーから再度自分が再感染することがあり、これをピンポン感染と呼んでいます。まるでピンポンの玉のように性病が行ったり来たりしている状態です。このような場合には、お互いがパートナーに打ち明けて二人一緒に病院で治療を受けることが一番の解決策です。再発率が高い性病の場合にはいつまでたってもお互いが感染源となって治ることがありません。「自分には症状が出ているけど、大丈夫だろう」という考えや恥ずかしさが先に立ってしまい打ち明けられないままになってしまうケースがほとんどです。「コンドームを使っているから大丈夫」と思っている人もいるかもしれませんが、性病は性器だけではなく口や喉にも感染するものがあるのです。オーラルセックスをすると口や喉の唾液から感染してしまうことがあるので、コンドームをつけているからと言って安心できるものではないのです。どちらかが性病に感染しているカップルの場合、パートナーにも感染してしまっていると考えた方が良いでしょう。まずはどちらかが性病になってしまったら、正直にパートナーに打ち明けて診察を受けるようにしましょう。それによってピンポン感染を防ぐことが出来るようになり、完治できるのです。